51歳女性 体力に自信が付き、前向きになれた

私は51歳の女性で、職業はフリーライターです。
私は約半年前から、少しずつ筋トレとジョギングを行うようになりました。

最初はジョギングだけをやっていたのですが、筋肉痛などに悩まされるようになり、あらためてジョギング前後のストレッチを兼ねた筋トレが必要だと思うようになりました。

そこで今ではジョギングを数日ごとに行い、他の日はストレッチや軽い筋トレを行うようにしています。
私はデスクワークのために、どうしても運動不足になりがちです。

特にパソコンの前で前かがみの同じ姿勢が続いてしまうので、どうしても肩こりなどが起きてしまいます。
その症状を軽減したり、予防をするためにも筋トレは有効な方法でした。

私が現在行っている上半身の筋トレはダンベル運動です。
1回で行う回数は少ないです。
理由は筋トレはやり過ぎても効果がないことを知り、やり過ぎないように気を付けています。

私がジョギングを行う以前は長年、ウォーキングをやっていました。
なので、脚力にはある程度自信があったのですが、やはり走るとなると脚の使う部分が違ってきます。

特に股関節や内太ももの部分は、ジョギングをやるようになってから、痛みを感じるようになりました。
そこで最初の頃はスクワットの回数を増やして、股関節や内太ももを鍛えるようにしました。

この効果がある、徐々に股関節と内太ももの痛みがなくなっていきました。
それからはジョギングをしても疲れにくくなり、距離も延ばしていくことができました。

ジョギングを続けることで、以前よりも体力が付いたのを実感しています。
体力を付けたことで、今までと同じ作業をしても疲れにくくなりましたし、効率も上がったように思います。

また、できることが増えた分、気持ちが前向きになり、やりたいことを積極的に行えるようになりました。
そのことで自分の人生が豊かになってきたと実感しています。

筋トレやジョギングなどは体力作りだけではなく、ストレス解消にも効果があります。
メリットが多いのでこれからも続けて行きたいです。

タイトルとURLをコピーしました